お役立ち情報

筋肉痛が遅れてきてもご安心を!

お疲れさまです。雪かき・・・。

 

昨日は私は休みでしたが、

朝からたっぷり1時間半、

雪かきをしました。

やっぱり結局は降るんですね・・・(^_^;)

 

で、今朝起きたらお尻が筋肉痛・・・。

 

足を踏ん張りつつ地面の雪も削ったからだとは思いますが、

ここで定番の会話。

「次の日に筋肉痛って若い証拠じゃない?」

 

巷では逆のパターンで

「筋肉痛が2日後に来るってだいぶ年取ったのかなぁ・・・」

などなど。

 

年齢と筋肉痛のタイミングを絡ませた会話は普通に聞かれます。

 

筋肉痛になるメカニズムは、

実はまだはっきりとは解明されていません。

 

筋肉が負荷がかかることによって筋肉が傷つき、

そのために炎症が起こって痛みが生じる、とか、

筋肉に乳酸が溜まってそれが痛みを起こす、とか、

まぁだいたいこんな感じみたいです。

 

で、痛みの起こるタイミングですが、

強い負荷がかかった場合には早く、

弱い負荷の場合には遅く出ることが多いようです。

 

また、

あまり普段使わない筋肉を使った場合も遅く出るとか。

 

つまり、

あまり使わない筋肉に弱い負荷をかけると遅く出るようです。

 

まぁ運動不足だと遅く出ることが多いのかと。

 

というわけで、

筋肉痛が遅く起こったとしても、

加齢のせいではありませんのでご安心を(^o^)

 

ちなみに、

筋肉痛を治そうと思っても、

痛みがピークのとき(激しく痛むとき)はマッサージは避けたほうが無難です。

そういうときは、

湿布を貼るなどして炎症を抑えるようにしてください。

痛みが引き始めたらマッサージをすることで血流を促進し、

疲労物質を早く流して回復も早まることが期待できます。

軽い筋肉痛であればマッサージしても大丈夫かと思います。