お店のこと

首を鳴らす施術はお断りしています

寝ちがえ

先日、「首をボキボキってできますか?」

とおっしゃるお客様がいらっしゃいました。

 

結論から言えば「やりません」

 

首が鳴るのってどうして?

首だけでなく、

人間の関節は関節包という袋に包まれていて、

その中は滑液という液体で満たされています。

潤滑油のようなものですね。

関節を急激に曲げたり伸ばしたりしたときに、

その関節包が急に広がることにより、

中の圧力が下がります。

すると、滑液の中に溶け込んでいた気体が溶けていられなくなり、

気泡が発生します。

その時の音が指や首を鳴らしたときのポキという音になります。

 

ボキッと鳴ると気持ちがいい?

これはたしかにそうだと思います。

実は私もよく指や首を鳴らしてしまいます。

鳴りそうでならないけどちょっと強めに力を入れて鳴ったときには、

達成感やすっきり感でちょっと肩こりなどが良くなったような気がします。

 

「ような気がします」と書きましたが、

はい、そうです。

気がするだけで、

ポキッと鳴ることで肩こり等が解消されることはありません。

気体が発生するだけですからね。

ただ鳴らすことでいつも以上に筋肉が伸びるので、

ストレッチ効果によりすっきり感はあるかと思います。

 

骨格の歪みは鳴らすことで治る?

治りません(^o^)

先程も書いたように、

関節包の中の気体の発生が起こるだけなので、

鳴らすことで骨格の歪みが治るなんてことはありません。

そういう気にはさせてもらえるかもしれませんが…(^o^)

だいたい仮に歪んでいたとしても、

長年の生活習慣で歪んだ骨格が外からの力を受けて治るなんてことはないですよ。

人間の体はそんなに単純じゃありません。

 

施術として骨を鳴らすことは禁止されています

厚生労働省の通達で、以下のような文言があります。

(2) 一部の危険な手技の禁止
カイロプラクティック療法の手技には様々なものがあり、中には危険な手技が含まれているが、とりわけ頚椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加える危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する必要があること

//www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/hourei/061115-1a.html より

この中のスラスト法というのが骨を鳴らすものですが、

厚生労働省は禁止すべきとの通達を出しています。

もちろん当店でも鳴らすような施術は一切しておりません。

 

どれくらい危険?

他人に力を加えられたときに、

可動範囲を超えて首をひねられると、

頚椎を損傷したり首の筋肉を痛めることがあります。

頚椎の中には重要な神経や血管がありますので、

一歩間違えると命の危険さえあります。

また私自身も、

以前に肩こりが酷くてある整骨院に行ったときに、

突然首を回されてボキボキッ!となったのですが、

首の筋が痛んでしまい、

しばらく痛くて首が回りませんでした。

命の危険に陥るほどの事故は稀だとは思いますが、

首の筋を痛める程度の事故は普通に起こりえます。

 

当店では身体に害のない施術を心がけています

せっかくリラックスしたい、肩こりを少しでも楽にしたい、

などと思って当店にお越しくださるのですから、

決して身体に害のあるような施術は行わず、

とにかく気持ちいい思いをしていただけるように全力を尽くします!

 

今日の雑感

今日は娘の幼稚園の参観日。

最初のちょっとだけ顔を出してから出勤。

娘の成長した姿に感動(^o^)

 

 

 

コメントを残す