健康足すと

花粉症

花粉症

 

花粉症。ツライですね(T_T)

実は筆者も花粉症です。

筆者の住む札幌にはスギ花粉はほとんどないのですが、北海道にはシラカバの花粉症があるんです。

そのため5月くらいになると目はしょぼしょぼ、鼻水ダラダラ、くしゃみ連発で大変なことになります(T_T)

スギ花粉と違い、シラカバの花粉症になると、バラ科植物に対してのアレルギーになる場合が多いんです。シラカバのアレルギー物質とバラ科植物のアレルギー物質が似た構造を持っているらしく、シラカバの花粉症になった後に、リンゴ、モモ、さくらんぼなどを食べると喉が痒くなったり、ひどい時には喉が腫れて呼吸困難になることがあります。ちなみに筆者は山形県出身なのですが、これらの果物はすべて山形名産。今ではほとんど食べられません(T_T)

っと、話がそれてしまいましたm(_ _)m

花粉症を反射区によって根本的に治すのは無理ですが、それぞれの症状を緩和することができます。

まず、鼻水がひどい時には、親指以外のすべての指の先っちょを棒でグリグリしてください。指をしっかり押さえないとグラグラするので、動かないようにしっかり押さえてください。

そして目のかゆみには目の反射区。

目の反射区は、右足、左足とも、人差し指と中指の付け根にあります。このあたりを、つま先側から足首に向けて棒でグリグリ刺激してください。

また、副甲状腺の機能低下により花粉症になるともいわれてますので、副甲状腺の反射区もグリグリしましょう。これは親指の第2関節(親指の付け根の盛り上がっているところ)にあります。反射区が小さいので、その周辺を大きめにグリグリしていただければ大丈夫です。

コメントを残す