お役立ち情報

腰の痛いコリコリをちょっとだけ楽にする方法

腰痛

腰をマッサージされたときに、

突然「ぬぅおっ!」と声を上げてしまうほど痛いところがある場合があります。

もちろん皆にあるわけではないですが、

腰痛を訴えている方の中には、

ほんとにちょっと押しただけでかなり痛い、

触るとはっきりしたコリコリがある場合があるんです。

腰痛を訴えていない方にはほぼないので、

やはりこれも腰痛の原因の一つと考えてもいいかもしれません。

今日はそのコリコリを自宅でちょっとだけ楽にする方法の紹介です。

 

そのコリコリはどこにあるの?

そのコリコリは、

自分ではなかなか触りにくいところにあるのですが、

肋骨の下端と背骨を結んだ線上あたりにあります。

マッサージでここを触られた場合には明確に痛いので、

すぐに覚えられると思います(^o^)

腰痛持ちであってもこのコリコリがない方もいらっしゃいますし、

右か左の片方にしかない方もいらっしゃいますので、

できればマッサージを受けていただいてあるかどうか確認されるといいかと思います。

 

どうやって楽にするの?

そのコリコリをちょっとだけほぐしてあげましょう。

マッサージでほぐしてもらってもいいのですが、

正直ほんとに痛いです(^_^;)

我々側としても、

ほぐしてあげたいけど申し訳なくなるくらい痛いです。

とはいってもちょっと我慢していただいてほぐしますけどね(^o^)

 

ではご自宅でほぐす方法です。

 

まず普通のフェイスタオルを用意してください。

フェイスタオルを広げる

このタオルを縦に半分に折ります。

フェイスタオルを縦に半分に折る

さらに縦に半分に折ります。

さらに縦に半分に折る

折ったタオルに玉を作るように結びます。

玉結びをする

これだけでもいいのですが、ちょっと小さいかと思いますので、

さらにもう1回結んで玉を大きくします。

さらに玉結びをして玉を大きくする

その玉をコリコリのある部分に当てて寝っ転がります。

作った玉を痛いところに当てて寝っ転がる

寝っ転がったら、

身体を前後左右にユラユラ揺らしてコリを刺激します。

寝たまま身体を前後左右にゆする

ただ普通に寝っ転がると、

通常は若干腰が反りますので、

刺激が弱いかもしれません。

そんなときはお尻を浮かして腰のコリコリに体重をかけるようにしましょう。

お尻を浮かせると更に効果的

タオルを2枚使って左右同時にやってもいいのですが、

片方ずつの方が体重を載せることができるので、

痛いのが好きな方にはオススメです(^o^)

また、本当に痛いのが好きな方は、

テニスボールのようなボールを使ってもいいですよ!

これを時間のあるときにちょこちょこやっていると、

腰痛も楽になるかもしれませんよ!

 

今日の雑感

昨日の仕事の帰り、

車のエンジンをかけてライトを付けたところ、

なんか暗い…。

確認してみるとライトが両方とも切れてました(^_^;)

片方は数日前に切れて変えなきゃと思ってたんですが、

まさかほぼ同じタイミングで両方切れるとは…。

帰りは迷惑かなと思いながらも常時ハイビームで帰りました。

昨日私の前を走ってた方、申し訳ありませんでしたm(_ _)m

コメントを残す