よもやま話

伝える難しさ

マッサージ

お客様によく聞かれるのが、

痛いほうが効くのか?とか、

どれくらいの強さでもんでもらうのがいいのか?

という質問です。

 

もちろん痛いのがいいわけではなく、

我慢が必要ない範囲で揉まれるのがいいとは思います。

ただ場所によってはこちらが全く力を入れてなくても痛いと感じる場合もあり、

そういうところは多少我慢して頂く場合もあります(さするだけでは何も効かないので…)。

 

この「痛い」というのは、

あくまでも個人の主観的な感覚ですし、

多少の痛みを感じたほうが気持ちいいと思う方もいらっしゃいます。

こちらとしてもこれくらいなら痛気持ちいくらいかな?と思う強さでも、

痛いと感じたり物足りないと感じる方もいらっしゃいます。

 

人によって感じ方が違うので、

どのくらいの強さがいいのか?という質問に答えるのが難しいんです(^_^;)

我慢がいらないくらいの強さ、と答える場合が多いですが、

先程書いたように場所によっては少し我慢してもらわざるをえない場合もあります。

 

ただ強く押してもらいたいとおっしゃるお客様でも、

もみ返しが来てしまうような強さを求められた場合には、

もみ返しが来るような強さではできません、とお伝えしています。

 

個人の感覚に関わる質問にお答えするのは難しいですよね(^_^;)

 

今日の雑感

また冬に逆戻りしたような札幌ですね(^_^;)

もうすぐ融けると見込んで雪かきをしないことに決めました。

コメントを残す